はだし保育

はだし保育について 

10070004506.jpg 10070001499.jpg 10070002498.jpg 10070003506.jpg
10070005508.jpg 10070009350.jpg  10070011359.jpg  10070010349.jpg

                         

 

〜はだしの生活で大脳を鍛えよう! 

 お子様の土踏まずは出来ていますか?〜

 

<土踏まずがないと疲れやすく、身体のバランスが悪く、動きの鈍い子になりやすい> 

「背骨がぐにゃぐにゃになっている。」「転んでも手で支える事が出来ずに、顔に怪我をする。」などと共に、子供の身体の変化の一つとして、土踏まずの未形成が問題になっています。土踏まずは着地の衝撃を弱めたり、小さな力でどんどん歩くのに大切なもので、かつては小学校入学までにほとんどの子供の土踏まずの形成が終わっていたのですが、今では、約4割の子供が未形成で就学しているといわれます。土踏まずがないということは、身体が大きくなるにも関わらず、足の骨組は生まれた時と同じ状態という事で、疲れ易いとか、バランスが悪いという問題が起きるのです。(土踏まずは足の裏の状態が、下図の○印の様だと形成されています。×のようだと未形成です。)

image001.png

 

 

<足・手・指・口・感覚器官を鍛えて、大脳を鍛える>

手(指)や足に刺激を与えると、大脳がそれに反応します。大脳をよく動かせるには、外からの刺激を受ける感覚器官が優れたものである事が必要です。健康な子供であっても、立たせてみると土踏まずが見えにくい時は、その子の全身の(脳・神経・筋肉・骨格)の発達も遅れていると考えられています。はだしの生活は、土踏まずを作るにも筋肉や脳への刺激にも大変良いです。はだしの効用は、「はだしにしてから、転んだ時の怪我が少なくなった。」とか、「遊びが活発になった。」という報告がされています。島田幼稚園でもはだしの生活を始めてから、足の裏の感触を楽しむ言葉や風邪をひきにくくなったと聞きました。是非、ご家庭でも靴下をはかせない生活を試してみてください。

<そろそろ『はだし』になりましょう>

当園ではゴールデンウィーク前後から暖かい日を選んで、保育室や遊戯室などではだし保育を致します。ご家庭で足の爪を短く切ったり、お風呂でよく洗って、清潔につとめてください。幼稚園でも石拾いをしたり、危険がないよう環境衛生面に気をつけます。

 園庭でのはだしは、気温が25度以上になりましたら行います。初めは足の裏が柔らかいので、皮がむける事がありますのが、慣れてくるに従って皮は丈夫になり、段々むけなくます。園では足の裏を点検し、傷があれば消毒していきます。小さな傷にあまり神経質になってはいけませんが、ご家庭でも気をつけてください。足型を一年に一回とります。

★  天気の良い日は汗ばむ季節となりました。園児たちは汗をいっぱいかいて遊んでいます。靴下も脱ぐことが多くなってきました。そろそろはだしを始めますので、体調が悪くない限りは、薄着、靴下なしでお願い致します。

★  はだしの時はサンダルを履かせてくださって結構です。ただし危険防止のため、引っかかりやすい飾りのないもので、かかとや足首をベルトで固定されるものに限ります。

★  上靴は緊急避難(地震等)の時に使用しますので、はだしの方も持たせてください。園で預かります。(学期末に持ち帰ります。)

★  体調を崩された時や足の裏に怪我をされた時は、その旨を連絡帳でお知らせください。上靴を履く様にお子様に伝えます。(使用した時は週末に持ち帰りますので、洗濯をして次の登園日に持たせてください。)

 

<おねがい>

★  登園する時は必ず名札を女の子はスカートたすきの左胸に、男の子はブラウスの左胸のポケットにつけてください。

★  できる限り、ブレザーなしでブラウスで登園しましょう。半袖ブラウスを着用してくださったり、エプロンを持たせて頂いて結構です。(名札をつけ忘れないようにお願い致します。)

★  汗をかいて遊びますと大変のどが渇きますので、水筒を持たせてください。水筒の中身はお茶に限ります。水筒は自分で開け閉めができ、肩ひも付きのものをお願いします。(安全面を考えて、手に持つタイプの水筒は不可とします。)水筒の本体・ふた・中ぶたにも、それぞれに記名をお願い致します。

▲このページのトップに戻る